ななつんのブログ

日々や日常



嫌な事も良いことも、一気に起こる

 

今日は一段と悩んで苦しかった一日だった

少しお酒を一人で飲んで自分自身と対話していく内に少し落ち着いたが、整理もかねてブログを書こうと思い立った

 

イラストは最近は描けないでいる

似顔絵やリクエスト、頼み事などのイラストは描こうと思えるのだが、今、自分自身が自分の中から発する作品を、描けないでいる

嫌々描いても仕方ない作品が出来るだけだし、最近は描けない自分もそれはそれで割り切っている

 

今日、進撃の巨人の最終回を読んだ

 

11年半ほど続いた名作がついに終わりを迎えた

11年半ほどあまり、この作品を見事に作り上げた作者が凄すぎると思ったし、やり切ったその精神と体力、そして才能溢れる創造性に感無量と言わざるおえない

 

そして、作品の感想とは別に、自分自身の11年半を振り返ってしまった

 

自分はこの10年あまりの期間で、何を成し遂げられたんだろう

見事に、何も結果など出していない、出せない自分に苛立ちを覚えずにいられなかった

 

人の時間は、平等だ 

なのになぜ、こんなにも人によって差が出てしまうんだろう

 

自分は自分の事業を始めて、もうすぐ13年あまりがたつ

この13年で色々なものを見てきた

人間の素性だったり、色々な性格だったり、理不尽なこともいっぱい

 

人は、自分が調子の良い時はどんどん自分の周りに集まり出す。この人は今調子がいい、と思うからだ

そしてそんな調子の良い時はずっと続くはずもない 一つ階段を踏み外せばまるでドミノ倒しのようにどんどん悪い方向へ向かっていく

 

人生とは面白いもので嫌なこと、嫌な出来事は立て続けに起こる そしてその先は絶望が待っている

そして、調子が良い人がいざ絶望に落ちた時、見事に群がっていた人たちは途端に離れ出す そして孤独が始まる

その孤独の寂しさ、悔しさといったら半端じゃない絶望感だ 

 

けど、そんな中でも変わらずに必ず、1〜3人位は側にいてくれて、支えてくれて助けてくれる人がいる

そういう人が、「本当の自分」を見てくれている、本当に大切な存在だ

 

自分はそのような人は絶対に大切にしたいし、心からの感謝を述べたい

 

今現在、少なからず自分は絶望の最中にまだいる感じがある

これからどうすればこの状況を打開出来るのか、なぜこうなってしまったのか、これからどうするのか・・・

 

未来と過去の不安の後悔で心が押しつぶされそうになり、身動きが取れなくなる

色々な本を読んでも、動画を見ても、その時はわかった気になる「やりたいことをすればいい」という言葉

 

だが、それが難しい 自分が本当にしたいことはなんなのか、何をすれば良いのか分からずじまいでいる

 

それでもそんな中で、小さいがむしゃらな行動に反応してくれたり、良いと言ってくれたりコメントをくれたりしていただける人たちがいるから、それが今の自分にとって生きる糧になってたり、本当に励ましになっている

 

絶望には本当に簡単に陥る 嫌な出来事、心が苦しくなる状況は一気に起こるものなのだ

けど、それを乗り越えたら、今度は良いことが立て続けに起こる「人生のチャンス」がくる 

それはいつだか分からない けど経験上、それは確かな事だ

また、その時が来るまで、そして早く来るように出来る限りの行動を今はしていくしかない

人生は振り子の法則だという

絶望に振り切れば振り切っただけ、今度は勢いをつけて振り子は幸せの方向に一気に振り切る

それを信じているし、信じたい だからどんなに辛くてもがむしゃらでも生きなければならない

 

似顔絵

 

今日は趣味のバンド練習だった

週一回の趣味のバンド練習はとても有意義な時間となっている

もはや、毎日したいくらいだ。でもメンバーそれぞれにそれは予定があるし仕事もある。

たまにそんな人たちと合わせる音楽はなんとも有意義なものがある

音楽が少し出来て、それは自分の人生にとって本当に良かったと思う一つだ

 

音楽の他に、なぜか自分が惹かれるもの、それは絵だ

自分一人で作れる絵やイラストもやはり好きなんだと思う

 

昨日、知り合いの似顔絵を描いて送った

似顔絵自体描くのは人生初めてだった

 

f:id:nanatsudrops:20210407235110j:plain

けど、描いてみて、すごく楽しかったし人生初の試みだった

実在の人物を自分なりにアレンジして落とし込んでイラストにするのは生まれて初めてのことだった

けど、その初めてのことが、多くの事を学ばせてくれた

久々に絵を描く楽しさと喜びを自分自身でもわかった

 

自分を表現する方法は色々ある 音楽でもイラストでも

それを自分は大切にしていきたいし、やってて良かったなと、思う瞬間がある

 

けど、それが自分にとってとても大切で人生に欠かせないものだ

 

testosteroneさんの本で泣きそうになった

 

今日は夕方から友人のライブ鑑賞へ

色々思い悩むこともあったが久々のライブハウスと爆音の中で少し気持ちは紛れた

 

そのあと友人のbarへ

色々相談とか悩みを聞いてくれて、アドバイスとかも頂いて感謝

 

やっぱ考え込んでしまうこともあるけど動けば少しは気持ちは紛れる

 

そしてtestosteroneさんの本を読んだ

 

f:id:nanatsudrops:20210405030950j:image

 

このテストステロンさん、Twitterも活動している方ですが、その前向きな発言と人々を勇気付けるツイートで人気のインフルエンサー

 

自分も半年前ほどから人生絶望中の時にたまたまtestosteroneさんのツイッターを発見して、その発言、アドバイスに多大な勇気を励ましを貰いました

 

そんな方の本、たまたま売っていたので買いましたが、本当に素晴らしかった

 

ストレス発散の本ではもはや無い とりあえず人生そのものを生きやすくしてくれそうなアドバイスばかりの名著でした

 

それに文章の書き方とか伝え方も少し面白おかしく表現していて読みやすく、時にはクスリと笑ってしまいそうな言葉で勇気づけてくれます

 

うん、買って読んで本当に良かった、と心から言える本でした

 

できたら色々な人に読んで欲しいそんな本でした

 

 

読書

 

最近はもっぱら読書をしている

とにかく乱雑にでも色々な本や漫画を読もうと思った 

 

とにかく本は素晴らしい

1000円〜2000円の一冊の本で結構一日の暇を潰せるし、自分では考えられないような、思いつかないような知恵や知識を与えてくれる

 

そんな中でも一冊、読書の大切さがわかる本を購入して読んだ

 

人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。

人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。

  • 作者:千田 琢哉
  • 発売日: 2011/07/28
  • メディア: 単行本
 

 

実はこの本、約10年前くらいに購入して読んだことがあって、その時も凄い衝撃を受けた作品だ

 

しかし、この本で言われているような読書の大切さを何年か忘れて、年に数冊しか読まなくなっていた自分

 

昨日、この本を買い直して読んでみたらやはり面白かったし、改めて本の良さに気づいた

 

本自体は昔から好きである程度は読んでいるはずなのだけど、最近の暇な時間を生かしてこれから多くの本を読んでいきたい

 

そうすれば必ずいつか、自分に合った運命の本に出会えるだろうと思うし、人生のヒントになるようなワンフレーズに出会えればそんな嬉しい事はない

 

とはいっても結局昨日はお酒を飲みすぎて二日酔いになるほど自堕落な生活を送っていたりする…

 

4月

 

f:id:nanatsudrops:20210401231702j:plain

 

「彼女、お借りします」という漫画を全巻買って読んだ

うん、面白かった そしてこんな大学生活送りたかったなーと思ってしまった笑

 

 

スピンオフ作品の漫画も買った 一気に読んでしまった

 

 

どちらも面白かった

最近は本を漫画をいっぱい読んでいる 他に欲しいものもないし買いたいものもないから

一気に読みすぎたせいか、本はもうあまり読みたくないなと早くもなってしまった

あとは、他に面白い漫画とか見つかればいいんだけど

 

 

どちらも大学生活を描いた作品なんだけど、ふと自分の大学生活を思い出してしまった

 

とはいっても自分の大学生活は2日しかない 

入学式を出て、次の日大学に行き、そしてその日に退学してしまった

 

地元を離れて、遠くの大学に進学したけれど、初めて地元を出て一人暮らしが始まり、家族とも色々な友達ともみんなと離れて始めた生活は、今でも覚えているけどメチャクチャ寂しかった記憶がある

 

一回、寂しすぎて、友達から「がんばれ」と来たメールで泣いたこともいい思い出

 

そんな「がんばれ」の言葉も悲しいことか、二日で大学を辞めて地元に帰ってきてしまって叶わなかった

 

本当は大学に行きたくなかった けど周りはみんな進学とかするし就職とかするし、フラフラするわけにもいかず結局先生や学校や周りに流されてしまった

 

本当は漫画の専門学校にでも行きたかったな、行けば良かったな、と今なら思うけどそんな後悔もとても昔の話なので後悔しても遅い

 

やっぱ、人生は自分のしたいこと、やりたいことを貫き通すのが一番だなと学びました

 

二日で退学したことは全然後悔していない

もしあのまま大学に通ってても、チャランポランで留年とかしてろくな大学生になってなかっただろうなと予想できる

 

それに、退学して良かったのは、その二年後に自営業で起業できて、そのあと凄い濃い時間を過ごせたことです

大学にイヤイヤ通ってたらきっとそんなことしなかったと思うし

 

とはいっても昔そんな大きな決断をしたのに、今はろくに何も結果も出してないろくな大人になってしまった

 

4月になって周りは新生活とかで色々環境の変化があるんだろうけど、自分は全然変わらない 変化も何もない

 

桜を見ても今は何も思えない 綺麗とも思えないし見に行きたいとも

 

そんな生活や気持ちを変えたいけど、まだ少し時間はかかりそうだ

 

来年の桜が咲く季節はどんな自分になっているんだろう

今よりは少しでも成長して、楽しい人生になってるように願いたし、頑張りたい