ななつんのブログ

日常、お絵かき、時々人生



アウトプット大全という本を読んでみた



樺沢紫苑 アウトプット大全 

読んでみました

 

f:id:nanatsudrops:20181106232955j:image

 

まさにブログをしている自分にとってタイムリーな本。

 

ずっと前から気になってはいたのですが昨日意を決して買いました(1500円位

 

 

f:id:nanatsudrops:20181106233145j:image

 

とにかく私たちはユーチューブやら映画やら漫画やら本やらSNSやら、、

 

色々なところで「インプット」はしますが「アウトプット」が足りてないのではないか?と私も感じていました

 

f:id:nanatsudrops:20181106233330j:image

 

 

とにかくアウトプットは大切であり、どんな媒体にせよアウトプットをしないと現実は変わらないと樺沢さんは本で言っています。

 

なので、文章を書いたり絵を描いたり、落書きや殴り書きでもいいのでアウトプットしていくと現実は変わるよーと。

 

f:id:nanatsudrops:20181106233536j:image

 

しかも黄金律はインプット3のアウトプット7らしい、、、

 

自分はインプットが確実に多いのでアウトプットもしていかなければならないなーと感じました

 

 

f:id:nanatsudrops:20181106233642j:image

 

 

あとはやはりポジティブな言葉や会話はすごい大事らしい。

 

うまくいく会社やグループはやはり前向きでポジティブな言葉を使うのだとか

 

まあスパルタな宗教じみたポジティブは自分も嫌いですが。

 

f:id:nanatsudrops:20181106233926j:image

 

完璧主義にならずに30点ほどでいいから作品や文章などを完成させるのも大切らしい。

 

まあ最初から100点の作品なんてできませんしね。

 

駄作でも続けていくことが大切!

 

f:id:nanatsudrops:20181106234137j:image

 

 

あと最後のほうに見事にブログについての事もぎっしり書いてありました。

 

ブログは今後の情報社会で自由に生きていくための最適なツールだと書いてあります。

 

ブログの法則というものがあるらしく

 

記事数が100から300、300から1000になるステージが大きくレベルアップする段階なのだとか。

 

これには実感するところがありましたので、とても共感しました。

 

あとは大変だが毎日更新がかなり急成長するらしい。これは自分でも厳しいけど、、、。

 

現代のデジタル情報社会では情報受信者になるか発信者になるかで分かれます。

 

かなりマニアックで自分しかしらないオタク的な知識を発信できる人が輝ける時代が到来するでしょう。と書かれています。

 

ま、それとは別にしてもそんなこと難しく考えずに気楽にブログをやって楽しく生きたいですね

 

アウトプットや情報発信の大切さを細かくちゃんとわかりやすく教えてくれる良い本でした

 

 

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)