ふくのブログ

ふくの日記

東村アキコさんのデビュー作、白い約束 から「フルーツこうもり」感想[レビュー]

ママはテンパリスト」「海月姫」「かくかくしかじか」などでおなじみの東村アキコ先生のデビュー作がどうしても読みたくて探して買いました。

短編集の「白い約束」

f:id:nanatsudrops:20170616112902j:plain

相変わらず絵がかわいいです

f:id:nanatsudrops:20170616112949j:plain

収録話

f:id:nanatsudrops:20170616113037j:plain

  1. 白い約束
  2. ヒッチハイク
  3. フルーツこうもり
  4. 私がネコ派になったわけ

となっています。

この3の「フルーツこうもり」がいまや人気漫画家になった東村アキコさんが世に出てきたきっかけの最初のデビュー作になります。

 

これを知ったきっかけは「かくかくしかじか」というご自身の自伝漫画から知りました。

 

美大を卒業した東村さんは美術の先生になるはずがドボンとなり、師匠の美大予備校の臨時講師をしつつ、父親の会社に就職しましたが、その生活に耐え切れずいままで漫画を描いたことないのに漫画を3日で描き上げ、「ぶ~け」に投稿した結果、編集者の目に止まり、「フルーツこうもり」を描き上げ、見事デビューしました。

f:id:nanatsudrops:20170616113733j:plain

自伝漫画「かくかくしかじか」に載っているのと同じです!

f:id:nanatsudrops:20170616113825j:plain

↑「かくかくしかじか」3巻より

 

本編

f:id:nanatsudrops:20170616113709j:plain

 

このお話は実際、東村さんが当時働いていた、父親の会社をモチーフにしているらしいです。

f:id:nanatsudrops:20170616114031j:plain

トーリーは普通のOLの恋愛物ですが、今と画風が違う「勢い」みたいなものも見え隠れします。

「かくかくしかじか」でも語られていますが、東村さんの漫画に登場する男性は、ほぼ当時付き合っていた男性をモデルにしているらしいです。

f:id:nanatsudrops:20170616114213j:plain

しかしやはり美大卒、初投稿作も3日で描き上げ、こちらも短時間で描いたらしいですが、完成度が高いです。そりゃ、今よりは画力などは劣りますが全然すばらしい作品です。

 

f:id:nanatsudrops:20170616114351j:plain

こちらも「白い約束」に掲載されている短編、「ヒッチハイク」ですが、デビュー後に描き上げた短編。

こちらの誕生秘話も「かくかくしかじか」に載っています。

感想

自分は東村アキコさんは「海月姫」で好きになり、それから「かくかくじかじか」を読み虜になりました。

「かくかくしかじか」は他の自伝漫画とレベルが違う印象です。ストーリーも完成度もすばらしいです。

そのような東村さんのデビュー作をなんとしても読みたく「白い約束」を買いましたが、やはり買ってよかったです。

今や天才といわれている人も、昔はやはり努力して葛藤して死に物狂いで作品を作り、前に進んだのだな、と大げさに言えばそのように感じました。

あとは自分は好きな作家さんのデビュー作などを読むのがすごい好きです。

とくに漫画だとその作者の画力や完成度の成長がめちゃくちゃわかるので面白いですよ。

 

 

白い約束 (りぼんマスコットコミックス)

白い約束 (りぼんマスコットコミックス)

 
かくかくしかじか 3 (愛蔵版コミックス)

かくかくしかじか 3 (愛蔵版コミックス)